全労済の自動車保険の評判は?事故対応やロードサービスをチェック!

※アフィリエイト広告を利用しています。
ライフスタイル
PVアクセスランキング にほんブログ村

自動車保険を選ぶときに、気になるのが保険会社の評判ですよね。

特に、事故対応やロードサービスなどのサービス面は、実際に利用するまでわからないことが多いので、不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、全労済の自動車保険の評判について、事故対応やロードサービスなどのサービス面を中心に紹介します。

全労済の自動車保険に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

まずは無料で一括見積

【無料】複数の保険会社から自動車保険を一括見積もり請求、保険料の徹底比較も可能!

全労済の自動車保険の評判は?

全労済の自動車保険の評判について、口コミサイトや検索結果から抽出して紹介します。

評判の良い点と悪い点をそれぞれ見ていきましょう。

評判の良い点

全労済の自動車保険の評判の良い点は、以下のようになります。

  • 掛け金が安い
    • 全労済の自動車保険の掛け金は、他の自動車保険と比べて安いという声が多くあります。
      特に、年齢や運転歴、事故歴などに関係なく、同じ掛け金で加入できることが、高齢者や若者、事故歴のある方にとっては魅力的だという意見があります。
  • 補償内容がしっかりしている
    • 全労済の自動車保険の補償内容は、基本的な補償はもちろん、事故時の示談交渉サービスや弁護士費用補償特約など、他の自動車保険にはない独自の補償内容があるという声が多くあります。
      特に、示談交渉サービスは、事故の責任割合や保険金の額などを全労済が代わりに交渉してくれるので、事故のストレスを軽減できるという意見があります。

評判の悪い点

全労済の自動車保険の評判の悪い点は、以下のようになります。

  • 事故対応が遅い
    • 全労済の自動車保険の事故対応は、他の自動車保険と比べて遅いという声が多くあります。
      特に、事故の責任割合の判断や保険金の支払いが遅いという不満があります。
      また、担当者の対応が丁寧でないという意見もあります。
  • ロードサービスが不十分
    • 全労済の自動車保険のロードサービスは、24時間365日無料で利用できるという点は良いですが、内容が不十分という声が多くあります。
      特に、宿泊費用や帰宅費用などのサポートがないことや、レンタカー費用の補償がないことが不便だという意見があります。

全労済の自動車保険とは?

全労済の自動車保険について、簡単に説明します。

全労済とは

全労済とは、全国労働者共済生活協同組合連合会の略称で、非営利団体です。

労働者やその家族の生活を守るために、様々な共済サービスを提供しています。

全労済には、全国に約300万人の組合員がいます。

マイカー共済とは

全労済が提供する自動車保険は、マイカー共済という名称で呼ばれています。

マイカー共済は、自動車事故による損害を補償する共済制度です。

マイカー共済は、一般的な自動車保険と同じように、任意保険として加入することができます。

全労済の自動車保険の特徴

全労済の自動車保険の特徴は、以下のようになります。

  • 掛け金が安い
    • 全労済の自動車保険は、非営利団体であるため、掛け金が安く設定されています。
      また、組合員の事故率や年齢などに応じて、掛け金の割引制度もあります。
  • 補償内容が充実している
    • 全労済の自動車保険は、基本的な補償内容はもちろん、事故時の示談交渉サービスや弁護士費用補償特約など、他の自動車保険にはない独自の補償内容もあります。
      また、ロードサービスも24時間365日無料で利用できます。
  • 加入条件が緩い
    • 全労済の自動車保険は、組合員であれば、年齢や運転歴、事故歴などに関係なく、加入することができます。
      また、車両の種類や年式、走行距離なども問われません。

全労済の自動車保険に加入する方法

全労済の自動車保険に加入するには、以下の手続きが必要です。

  • 全労済の組合員になる
    • 全労済の自動車保険に加入するには、まず全労済の組合員になる必要があります。
      組合員になるには、全労済の加入資格を満たしていることが条件です。
      加入資格は、以下のいずれかに該当することです。
      • 労働組合に加入している方
      • 労働組合に加入していないが、労働者である方
      • 労働者の配偶者や同居家族である方
      • 労働者の退職者やその配偶者である方
    • 組合員になるには、全労済のホームページからオンラインで申し込むか、全労済の事務所や窓口に直接行って申し込むことができます。
      組合員になると、月額500円の組合費が必要です。
  • マイカー共済に加入する
    • 全労済の組合員になったら、次にマイカー共済に加入することができます。
      マイカー共済に加入するには、全労済のホームページからオンラインで見積もりを取るか、全労済の事務所や窓口に直接行って見積もりを取ることができます。
      見積もりを取ったら、必要な書類を提出して、掛け金を支払うことで、マイカー共済に加入することができます。

全労済の自動車保険の事故対応はどうなの?

全労済の自動車保険の事故対応のメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

事故対応のメリット

全労済の自動車保険の事故対応のメリットは、以下のようになります。

  • 示談交渉サービスがある
    • 全労済の自動車保険の事故対応の最大のメリットは、示談交渉サービスがあることです。
      示談交渉サービスとは、全労済が相手方との示談交渉を代わりに行ってくれるサービスです。
      示談交渉は、事故の責任割合や保険金の額などを決める重要なプロセスですが、自分で行うのは大変なことです。
      しかし、全労済の示談交渉サービスを利用すれば、全労済が専門的な知識と経験を持った担当者をつけてくれるので、安心して任せることができます。
  • 弁護士費用補償特約がある
    • 全労済の自動車保険の事故対応のもう一つのメリットは、弁護士費用補償特約があることです。
      弁護士費用補償特約とは、事故によって裁判になった場合に、弁護士の費用を全労済が負担してくれる特約です。
      弁護士の費用は、非常に高額になることがありますが、弁護士費用補償特約に加入していれば、全労済が最大300万円まで負担してくれます。

事故対応のデメリット

全労済の自動車保険の事故対応のデメリットは、以下のようになります。

  • 事故の責任割合の判断が遅い
    • 全労済の自動車保険の事故対応の最大のデメリットは、事故の責任割合の判断が遅いことです。
      事故の責任割合とは、事故における自分と相手方の責任の割合を示すもので、保険金の額や等級変更の基準になります。
      事故の責任割合の判断は、事故の状況や証拠などをもとに、全労済が行いますが、その判断に時間がかかることが多いという声があります。
      事故の責任割合の判断が遅いと、保険金の支払いや事故の処理も遅れることになります。
  • 保険金の支払いが遅い
    • 全労済の自動車保険の事故対応のもう一つのデメリットは、保険金の支払いが遅いことです。
      保険金の支払いとは、事故によって発生した損害を補償するために、全労済が組合員に支払うお金のことです。
      保険金の支払いは、事故の処理が完了した後に行われますが、その支払いに時間がかかることが多いという声があります。
      保険金の支払いが遅いと、事故による経済的な負担が長引くことになります。

全労済の自動車保険のロードサービスは充実している?

全労済の自動車保険のロードサービスのメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

ロードサービスのメリット

全労済の自動車保険のロードサービスのメリットは、以下のようになります。

  • 24時間365日無料で利用できる
    • 全労済の自動車保険のロードサービスの最大のメリットは、24時間365日無料で利用できることです。
      自動車の故障や事故は、いつどこで起こるかわかりません。
      しかし、全労済のロードサービスを利用すれば、いつでもどこでも無料でロードサービス会社が駆けつけてくれます。
      これは、他の自動車保険にはない大きな安心感です。
  • レッカーや燃料切れなどのサポートが充実している
    • 全労済の自動車保険のロードサービスのもう一つのメリットは、レッカーや燃料切れなどのサポートが充実していることです。
      レッカーサービスは、自動車を指定の修理工場や自宅などに移動させてくれます。
      レッカーサービスの移動距離は、最大30kmまで無料です。

ロードサービスのデメリット

全労済の自動車保険のロードサービスのデメリットは、以下のようになります。

  • 宿泊費用や帰宅費用などのサポートがない
    • 全労済の自動車保険のロードサービスの最大のデメリットは、宿泊費用や帰宅費用などのサポートがないことです。
      自動車の故障や事故で走行不能になった場合、現場から離れることができない場合があります。
      そのような場合には、宿泊費用や帰宅費用などのサポートが必要になりますが、全労済のロードサービスでは、そのようなサポートは提供していません。
      そのため、自分で宿泊先や交通手段を探して、費用を自己負担する必要があります。
  • レンタカー費用の補償がない
    • 全労済の自動車保険のロードサービスのもう一つのデメリットは、レンタカー費用の補償がないことです。
      自動車の故障や事故で走行不能になった場合、自動車の修理が完了するまでの間、代わりの移動手段としてレンタカーを利用することがあります。
      そのような場合には、レンタカー費用の補償があれば、費用の負担を軽減できますが、全労済のロードサービスでは、レンタカー費用の補償はありません。
      そのため、自分でレンタカーを借りて、費用を自己負担する必要があります。

全労済の自動車保険はおすすめできるの?

全労済の自動車保険をおすすめできる人とできない人を分けて紹介します。

全労済の自動車保険に加入するかどうかは、自分のニーズや予算に合わせて慎重に判断することを勧めます。

おすすめできる人

全労済の自動車保険は、以下のような人におすすめできます。

  • 掛け金を安く抑えたい人
    • 全労済の自動車保険は、非営利団体であるため、掛け金が安く設定されています。
      また、組合員の事故率や年齢などに応じて、掛け金の割引制度もあります。
      掛け金を安く抑えたい人にとっては、全労済の自動車保険は魅力的な選択肢です。
  • 基本的な補償で満足できる人
    • 全労済の自動車保険は、基本的な補償内容はもちろん、事故時の示談交渉サービスや弁護士費用補償特約など、他の自動車保険にはない独自の補償内容もあります。
      基本的な補償で満足できる人にとっては、全労済の自動車保険は十分な補償内容を提供してくれます。

おすすめできない人

全労済の自動車保険は、以下のような人におすすめできません。

  • 事故対応やロードサービスにこだわりがある人
    • 全労済の自動車保険は、事故対応やロードサービスに関しては、他の自動車保険と比べて劣っています。
      事故対応やロードサービスにこだわりがある人にとっては、全労済の自動車保険は不満足なサービスを提供する可能性が高いです。
  • 細かく補償内容をカスタマイズしたい人
    • 全労済の自動車保険は、加入条件が緩い反面、補償内容のカスタマイズの自由度が低いです。
      細かく補償内容をカスタマイズしたい人にとっては、全労済の自動車保険は希望に沿わない補償内容を提供する可能性が高いです。

まとめ:全労済の自動車保険の評判は?事故対応やロードサービスをチェック!

以上が、全労済の自動車保険の評判や事故対応やロードサービスについて紹介した記事です。

全労済の自動車保険は、掛け金の安さや補償内容の充実さが魅力的ですが、事故対応やロードサービスに不満がある声も多いです。

全労済の自動車保険に加入するかどうかは、自分のニーズや予算に合わせて慎重に判断することを勧めます。

最後に、自動車保険一括見積もりサービスを利用して、様々な自動車保険を比較・検討することをおすすめします。

まずは無料で一括見積

【無料】複数の保険会社から自動車保険を一括見積もり請求
保険料の徹底比較も可能!

【関連記事】
ピレリタイヤの評判は?インターネット通販やタイヤ専門店でのお得な買い方
ミネルバタイヤの評判は?コスパ最強のタイヤの秘密を徹底解説!
ナンカンタイヤの評判は?感想と口コミを徹底解説!

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました